公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)TOP

山から戻りました

2018年1月12日

信州八ヶ岳から、昨日戻りました。
久しぶりの山でしたが、今回は、火事見舞い。おとなしく、極寒、新雪の中を、歩き回る程度で我慢しました。
戻ってきたら、山のようなメール。今は、そのメールに丁寧に返事を出しています。
昨年末は、今年の講演依頼も減り、少しは落ち着いた一年となるかと考えていたのですが、無理なようです。講演依頼もたくさん来ていました。
明日からは、次の本の執筆始めます。

昨日から仕事を始めました

2018年1月 8日

6日土曜日は、高校の同窓会でした。100名を超えるかつての仲間たちと楽しい一時を過ごしてきました。でも、年には勝てません。みんな酒量も減り、二次会で解散でした。
実は、昨年12月31日に、私が青春時代からお世話になっていた、信州八ヶ岳の山荘「白駒荘」が火災にあいました。「白駒荘」の辰野一族とは、先々代からの家族ぐるみのつきあいをしている親しい仲です。人的被害がなかったことは幸いでした。
お見舞いのため、明日、9日のテレビ朝日「ワイドスクランブル」終了後、久しぶりに八ヶ岳に入ります。日本で最も高い地にある白駒池、その神秘的な池の湖畔に立つ素敵な小屋でした。再建のお手伝いができればと考えています。

明けまして、おめでとうございます

2018年1月 3日

2018年が始まりました。
私は、年末からの左胸部の激痛。帯状疱疹でした。その痛みとの戦いで、一年が始まりました。昨年秋からの日本各地での講演で体力が落ちていたようです。生まれてはじめての経験でした。
そのような中でも、日本各地の子どもたちから「死にたい」のメールが続きます。
今年は、明日を見失った子どもたち、明日を奪われた子どもたちのために、もっともっと動いていきます。
今年が、少しでもみなさんにとって、良き年となりますように。

新しい年が、良い年となりますように

2017年12月31日

2017年が、あと数時間で終わります。
政治、経済、国際情勢と、混乱した年でした。
特に国内政治では、野党の混乱から、自民党一党独裁の体制が教化され、国内経済も、貧富の差が広がり、日本を支えてきた分厚い中流階級が、解体しつつあります。そして、一部の人たちが、巨額の利を手にしている一方で、貧困層が急激に拡大しています。これだけ富んでいる日本で、子どもたちの7人に1人が貧困に苦しむ。あり得ないことです。
国際情勢でも、北朝鮮の無謀な核開発や長距離弾道ミサイルの開発は、朝鮮半島での有事まで一触即発の情勢です。アメリカが、エルサレムをイスラエルの首都として認めたことによって、やっとISの脅威から解放され、平和安定を図ろうとしていた中東情勢に、暗い影を投げかけています。
来年がどのような年になるのか。今は、想像もつきません。しかし、この地球上の全ての子どもたちが、一人でも多く笑顔で過ごすことが出来るように、一日一日戦い続けていこうと考えています。
今年、お世話になった多くのみなさん、ありがとうございました。
ぜひ、来年も、子どもたちの幸せのために力を貸してください。
今年関わった多くの子どもたち、今がどんなにつらくても、明日は来ます。幸せは来ます。
新しい年が、良い年となりますように。

40年来の親友がレストランを始めました

2017年12月25日

私の40年来の親友がレストランを始めました。
目黒線の西小山駅から歩いて3分「モナ・エスパーニャ」というスペイン料理のレストランです。
一階は、カウンターのバル、二階は、テーブル席のレストラン。小さな可愛いお店です。
彼、シェフ手塚さんとは、1976年のスペインで知り合いました。同じ年ということもあり、それ以来の親友です。その当時から、コックとして、スペイン料理を学んでいました。
長く、目黒にあった「カサ・デ・フジモリ」という有名なスペイン料理のレストランで、チーフコックとして活躍し、今年11月に、この店をオープンしました。奧さんと二人で頑張っています。
出てくる料理は、多分日本では、もう彼や私をはじめとして数人のシェフしか作ることのできない、正当派の伝統的スペイン料理です。スペイン本国でも、相当地方に行かなくては食べることのできない伝統の味を守っています。しかも、スペインでは、その地方によって独自の料理があり、それらを全て食するには、スペイン全土をまわらなくてはなりません。でも、この店では、さまざまなスペインの郷土料理を、1度に楽しむことができます。
先日、私も行ってきましたが、最高のスペイン料理を、最高に安く楽しむことができます。
幸せな時を過ごすことが出来ました。
素敵な夫婦と素敵な料理。そして最高のスペインワイン。
多くの人に知って欲しい店です。