公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 私たちの国の報道に疑問を持ちます

私たちの国の報道に疑問を持ちます

2014年9月13日

朝日新聞が、報道機関としては絶対にしてはいけないことをしてしまいました。
誤報、意図的に作った記事、それに対する記事への検閲、批判的な週刊誌の一部の黒塗り・・・。
まるで戦前の報道規制の係った時代への後退です。哀しいことです。
そのために、第二次世界大戦中の慰安婦問題や、福島の原発問題の、すべてのことが曖昧になってしまう、そんな危惧を感じています。
報道機関にとって、嘘とねつ造、それを守るための検閲は命取りです。
私は、作家ですが、書いたものについてすべての責任をいつも、私個人が背負っています。これがものを語る、書く人間として当たり前のことです。
報道も、これと同じはずです。報道の絶対的な条件は、真実と事実を、きちんと伝えること。そこに、報道を利用して世論を動かすとこは、許されることではありません。でも、それを朝日新聞はしてしまいました。一部のテレビの報道までもです。
まずは、朝日新聞にお願いです。今回の問題で、その事情を知った上で、ねつ造や誤報、そして検閲をした人たちをすべて排除して欲しい。報道の世界から葬って欲しい。私は、そう考えています。そうしない限り、本当は、存在した、慰安婦問題や福島の原発事故稚拙な対応の本質的な問題が、きちんと語られる機会が、失われてしまいます。
朝日新聞の社長以下、今回の問題に関わった人たちに聞きたい。私は、子どもたちに教員として、いつも、嘘はつくなと語ってきました。でも、日本の良心であるはずの報道機関が嘘をついたら、どう子どもたちに説明すればいいのですか。
また、他の報道機関にお願いです。朝日新聞がしてしまったこの問題を、朝日新聞を叩くことで、うやむやにしないでほしい。
すべてのこころある報道関係者に問います。
従軍慰安婦は、あの哀しい戦争中存在しなかったのですか。もし存在したとしても、それは強制ではなく、仕事としてだったのですか。答えは、こころある報道関係者ならばわかっているはずです。
福島の原子力発電所の過酷な事故の時、その情報をいち早く知って、家族を東京から地域から逃がした政治家や東電、報道の関係者は一人もいなかったのですか。
どうぞ、すべての報道機関の人たちにお願いです。本当の真実を今こそ明らかにしましょう。
人は、完全な存在ではありません。間違いをします。でも、間違いはすぐに認めて謝り正せば、そこに明日は生まれます。
朝日新聞は、それを見失っているようです。
まずは、まずはといっておきます。この問題に関わり関与した、すべての朝日新聞社の関係者が報道の世界から永久に去ることを求めます。嘘は、一度なら許しましょう。でも、嘘を守りさらに嘘をつくことは、人間の尊厳を傷つけます。
他の報道機関の人たちにもお願いがあります。
従軍慰安婦の問題、福島原発の問題を、朝日新聞のミスとは関係なく、きちんと冷静に検証してください。
その事実と、答えは、きちんと直接取材した記者のこころにきちんと刻まれているはずです。

お問い合わせ