公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > わたしには、ますますわかりません

わたしには、ますますわかりません

2013年6月21日

もうすぐ、都議会選挙です。それがおわれば、来月は参議院選挙です。
東京の町を歩けば、いろいろな候補者たちが、一杯語っています。いたるところで、選挙に参加しよう。大切な一票をきちんと投じよう・・・。
でも、だれも、支持したい人がいなかったら、どうしたらいいのでしょう。自分の心や心情に嘘をついてまでだれかに投票することが、良い国民となるということなのでしょうか。
私は、こう考えます。国民である以上、この国の、その地域の明日のための選挙に参加することは、つとめです。でも、支持する人がいないなら、信じる政党がないのなら、白票を入れる権利を私たち国民は、持っています。もしも、私たち国民が、たとえば今回の都議選で、白票が半数を超えたならば、今回の選挙に立候補した人たちは、すべて否認されたと言うことになり、次の選挙に出ることはできず、新たに新しい候補で選挙する。じつは、これが当たり前のことだと私は考えています。国政についても同様です。50%の投票のない選挙は無効でしょう。その時立候補した人たちはすべて降りた上で新しく選挙すべきです。この国のシステムには、拒否権を正当に評価するシステムがありません。
みなさんにお願いがあります。どうぞ、選挙に行かないことは止めましょう。信じる人や政党がなければ、白票を投じるのです。それが大切だと私は考えています。
今、平和や平等、愛や優しさ、そんなことばが、私たちの国から失われていっています。哀しいことです。

お問い合わせ