公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 台風一過

台風一過

2013年9月16日

この一週間、いつものごとく日本中を駆け回っていました。大分県宇佐市では、宇佐市内の小・中・高校生たちへの講演。亡くした子どもたちのことを話しながら、生きることの意味、生きなくてはならない理由、命の大切さを語ってきました。熊本県熊本市では、県民共済組合の主催で、市民の方々に、今の子どもたちの様子や、子どもたちの笑顔のために、今、私たち大人が何をしなくてはならないかを、話してきました。14日には、東京で、東京消防庁主催の講演会。高校生たちや消防大学校の生徒、学生たちに、講演でした。
そして、葉山の事務所に戻り、台風にぶつかりました。今年は、私は、台風男。日本のいたるところで、私が行くと、台風が来ます。葉山は、雨は少なかったのですが、大変な強風。海に近い、葉山の事務所の窓は、今や塩でべとべとです。でも、被害も少なく、何とかしのぐことができました。
実は、一昨日から、私の家には、私の母の妹がきています。私の叔母です。私の母は、83才、叔母は、77才。年取った二人が、子どものころや若かったときの話を、ずっと私の傍らで話しています。何か、ほほえましい風景です。今、叔母は、山形で、一人で住んでいます。私は、おでん、手巻き寿司、おこわと、叔母一人では、普段作らないものを、必死で作り、ごちそうしています。うれしそうに食べてくれる叔母がすてきです。今夜の夕食は、天ぷらを、目の前で揚げます。
人は、生まれ、そして、老い、病になり、死を迎えます。これは、人の逃れることのできない宿命です。その人生を、どう豊かに生き、そしてどれだけ数多くの思い出を作っていくか。それが大切です。母と、叔母には、たくさんの美しい思い出があるようです。思い出を語り合う母たちの目は、まるで、童女。生きてきたことの喜びが溢れています。わたしも、そんな老いかたをしたい。そう、こころから思いました。
明日は、名古屋です。また、17時少し前から、東海テレビの「スーパーニュース」にコメンテーターとして出演です。ある特集を計画しています。ただし、今回の台風関係の報道でずれるかも知れません。でも、ぜひ、東海エリアの人たちは、見てください。がちがちに緊張した、私が、テレビの中で、きっとぶるぶる震えています。
今週からは、東北、北海道ツアーです。盛岡、旭川、札幌と、連続講演が続きます。また、たくさんの出会いがあります。

お問い合わせ