公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 今日は、お寺での講演でした

今日は、お寺での講演でした

2014年2月22日

今日は、群馬県太田市の瑞岩寺という曹洞宗のお寺での講演でした。若いお坊様たちが地域の方々のために開いてくださった講演会でした。一生懸命、お釈迦様の前、ご本堂で講演をさせていただきました。
ところで、みなさんは、お寺でのお祈りの仕方をご存じですか。これは、宗派によって違います。日蓮宗及びその関係の宗門は、「南無妙法蓮華経」すなわち、お題目です。浄土宗や浄土真宗は、「南無阿弥陀仏」すなわち、お念仏です。それでは、奈良仏教は・・・。通常は、「南無観世音菩薩」です。禅宗である、臨済宗や曹洞宗は、「南無釈迦牟尼仏」です。でも、それでは、密教の真言宗や、天台宗は・・・。
でも、私は、そんなことはどうでもいいと思っています。仏様にすがりたいときは、ただ、「南無南無南無、仏様」それで良いと思っています。
私の祖母は、信心の厚い人でした。ともかくお寺と見れば、すぐにそこに入り、「南無南無南無、この世のみんなが幸せになれますように」祈っていました。子どものころは、その祖母の姿が嫌でした。でも、今は、その祖母のこころがわかります。
私は、今日も、瑞岩寺のご本尊に祈りました。「南無南無南無、この世の子どもたちすべてが幸せになれますように」
祈りは、想いです。でも、考えるよりはるかに尊い。祈りの中には、秘めた動きがあります。ただ考えて立ち止まるより、まずは祈って次に進む。仏様の考えたことは、すごいことです。
今日は、そんなことを考えながら、太田市から戻りました。
今日はすてきな日でした。

お問い合わせ