公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 納得できません

納得できません

2015年4月12日

埼玉県のある高校のサッカー部員が、遠征先の韓国で窃盗をして、その店の監視カメラの映像で特定され、その犯行を認め、再度韓国に出向き、商品を返し、その代金を払ったという事実が報道されました。しかも、韓国の司法当局は、彼らの起訴まで視野に入れているとの報道です。
私は、横浜市の高校でずっと教員をしていました。しかも専門は生徒指導です。だからこそ、納得できません。この事件の責任ははたして誰にあるのでしょうか。窃盗をした高校生たち。それは、認めます。でも、彼らは、少年です。日本であれば、少年法の下で守られます。でも、それであっても、一義的責任は、そのように育ててしまった親と学校、そして、そのような事件を、その近くにいて引率していながら防ぐことのできなかった教員にあるのではないでしょうか。
子どもたちが、韓国に再度行って謝罪したという報道はなされています。でも、この高校の教員は、校長は、特に校長は出向いたのでしょうか。親たちはどうだったのでしょうか。
もし、この生徒たちが起訴されれば、当然韓国で、司法当局の管理下に置かれることになります。それは、正しいのでしょうか。
まずは、この学校の校長、理事長、引率した教員たちが、そしてこの子どもたちの親たちが、韓国に出向き、その責任と罪を負い、子どもたちの犯した罪を償うことが、大切なことだと私は考えています。子どもたちの、韓国への再度の渡航はさせてはいけない。私はそう考えています。始末を海外でつけなくてはならないのは、大人です。
子どもたちにすべてを負わせてはならないと私は考えます。このような犯罪を犯してしまう子どもたちを育ててしまったのは、親と学校とその教員たちの責任です。
最後に、このような行為をした子どもたちへのお願いです。まずは、今できる償いをしよう。高校を退学し、働こう。そして、君たち自身が働いたお金で、君たちが盗んだものへの償いを。君たちが、高校の勉強をしたいなら、定時制高校が君たちを受け入れてくれます。君たちのしたことは、君たちが、まずは今できることで償いましょう。明日のために。

お問い合わせ