公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > いじめでまた、尊いいのちが奪われました

いじめでまた、尊いいのちが奪われました

2015年7月 8日

岩手県で、一人の少年が亡くなりました。いじめによる自死の可能性が高いと報道されています。哀しいことです。
この少年は、担任との交換ノートで何度もいじめの事実を伝え、助けを求めていたようです。ノートの中には、死を語る部分もあります。なぜ、担任や学校は、この自死という最悪の結果を防ぐことが出来なかったのか。私は、一人の教員として、また生徒指導の教員として長年子どもたちと関わってきた人間として、納得が出来ません。
いつも、いじめの事件が起きるたびに、担任や校長、教育委員会が、きちんとした説明をしないことに怒りを覚えてきました。学校は、知識を教える場でありますが、それ以前に、子どもたちのいのちをお預かりする場でもあります。その学校で一つのいのちが失われたならば、その背景や原因、そしてどう対処したかについて、学校、教育委員会、校長、担任の教員は、きちんと説明し、間違いがあったならば、それを償う義務があります。
早急に、まずは担任と校長、この問題に関わっていた教員たちが、逃げることなく、公の場で、事実関係をきちんと説明してくれることを望みます。
テレビやネットでは、感情的に学校や関係教員を叩く教育専門家や一般の人の声があります。私は、今は、今は、感情的になるべきではないと考えています。まずは、冷静に説明を求めるべきだと考えています。
実は、私は、先週から、同じ岩手県宮古市の中学生のいじめ問題に関わり始めました。この中学生も、親とともに何度も学校や担任、校長や教育委員会に助けを求めながら、放置されてきた子です。ついに、市議会での問題となり、教育長が事実関係を認め謝罪し、きちんと動くことを約束したようです。この問題についても、いずれきちんとした形で、報道しようと考えています。

お問い合わせ