公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > いじめについての相談が続いています

いじめについての相談が続いています

2015年7月18日

テレビで、岩手県で中学生がいじめにより命を絶ったことについてのコメントをして以来、いじめについての相談が続いています。ほとんどが中学生のいじめられている子ども本人や親からの相談ですが、小学生の親からの相談もあります。中には、「死にたい」と書いてくるものもあります。一つひとつ丁寧に対応しています。
ただ、その中で感じることがあります。私は、まず最初に「先生や校長先生に相談してごらん」と返事するのですが、ほとんどのケースで、「もう相談したけど、何もしてくれない」という返事です。教員が子どもたちとの信頼関係を失っている学校で、いじめがより深刻になっているように感じます。また、「親にも相談しよう」と答えると、そのほとんどのケースで「怖くて相談できない」と返事が返ってきます。親子関係も健全なものではないケースが目立ちます。
学校では、いじめられ、家庭は、安心して過ごすことの出来る場所ではない。そんな子どもたちの悲鳴がたくさん届きます。
私は、いじめ問題の解決は、もう教員や学校、教育委員会や文科省という教育行政の中では無理だと考えています。いじめの中には、金品を取る、脅す、暴力を振るう、けがをさせるなどの犯罪もあります。また、「死ね」、「学校に来るな」など人権侵害にあたるものも数多くあります。速やかな、学校を、司法機関や警察、児童相談所などの福祉機関に開くべきだと考えています。

お問い合わせ