公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 哀しみ、そして怒り

哀しみ、そして怒り

2015年9月13日

数年来、私が関わっていた女性が自らいのちを絶ちました。若い頃から、苦労し、多くの困難を乗り越え、周りの子どもたちのために、必死に優しさを配り、子どもたちを助けようと活動してきた人でした。亡くなる前にメールを残してくれました。しかし、私は、大阪にいて、そのメールの連絡を受け損なってしまいました。哀しいです。そして、何も出来なかった自分に、怒りを感じています。

また、少年時代に残酷な殺人事件を起こした人が、春には、本を出版し、今度は、ホームページを作ったようです。私は、この事件の被害者の家族と交流があります。被害者の家族のことを思うと、怒りを感じます。本を出版したり、ホームページを作る、この元少年の残酷な行為に対して。また、それを、映像まで出して報道する、発行する、テレビや新聞に対して。私は、彼を無視することが、今私たちが、哀しみと怒りの底に沈ませられた、遺族の方々のために、唯一私たちが出来ること、しなければならないことだと考えています。
みなさんにお願いです。無視しましょう。この件を扱う新聞は読むことを止めましょう。また、テレビでこの件を扱った番組は、相手にすることを、今後見ることを止めましょう。そこには、人としての最低のこころが、良心が、失われています。そのような人たちを、相手にしないことが、良識です。

お問い合わせ