公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 葉山、「ひより食堂」

葉山、「ひより食堂」

2016年1月30日

私の住む葉山に、「ひより食堂」という、食堂があります。若い夫婦が二人で切り盛りしています。昼は、近くで働く人たちがランチに訪れ、夕方からは、葉山の若い夫婦たちが子どもをつれて夕食に。それが過ぎれば、居酒屋。たくさんの人たちが、訪れるお店です。
地物の野菜や、海産物、相模湾の取れたての魚を、原付バイクで走り回り仕入れし、それを、丁寧に料理しています。決して料亭や洗練された料理屋の味ではありません。しかし、まじめに漬け物を漬け、だしを取り、味噌汁、煮物。魚の西京漬けもすべて手作りです。
私も、ときどきこの店に行くのですが、いつも不思議だったことがありました。それは、この店で、煮物や焼き物、揚げ物を夕食として、家族みんなで食べていく人たちの多さです。
でも、このごろその理由がわかりました。「ひより食堂」の料理と味は、今日本が失ってしまった、あのおばあちゃんの味、まさに家庭の味なのです。核家族化が進んだ中で、家庭の味やおばあちゃんの味を受け継ぎ味わうことのできなくなった家族が、ここにその味を求めて集まってきているのです。
夕方、この店の前を通ると、多くの家族が、目の前に並んだ料理の湯気の中、笑顔で一家団欒の時を過ごしています。ほほえましい景色です。
これも、今の時代、必要な風景なのでしょう。
さて、私も、次の休みの日は、この家族たちの暖かい輪の中に参加させてもらいましょう。

お問い合わせ