公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > ふざけるな・・・。怒っています

ふざけるな・・・。怒っています

2016年1月20日

SMAPの解散、あるいは分裂について、このところ日本中が大騒ぎになっています。でも、それは、余計なお世話で、自分の生き方は、自分で生きる権利を持っているはずです。
ジャニーズの幹部の人たちのこころがわかりません。自分たちが育てた子どもたちが、立派に自分の生き方を見つけ自立する。これは、嬉しいことであるはずなのに・・・。一人が残り、後は自立。それぞれを助けながら、でも、SMAPとしてのみんなの活動も支える。それが、当たり前のことなのに。自分たちを裏切ったから、謝罪しろ。これは、許せない。子どもを育てた親は、その自立をはぐくむ。それができないジャニーズにとって、所属する子どもたちは、自分たちの言うことを何でも聞く奴隷にしたいのか。そこまで私は考えます。
しかも、報道の世界でも、ジャニーズに関する話題は、禁句だらけ。なぜなのか・・・。
もう一つ言いたいことがあります。SMAPの何かわからない謝罪を公的なフジテレビの番組の中で行ったことです。SMAPは、たしかに国民的なアイドルではあるけれど、こんな形での報道は、フジテレビのジャニーズ事務所と組んだ視聴率を取るための手段と言われても返す言葉はないでしょう。卑怯です。フジテレビも。ジャニーズも。
ジャニーズの幹部に聞きたい。預かっている子どもたちは、あなた方の奴隷なのかと。そうではなくて、大事な子どもたちなのかと。
私は、哀しいSMAPの子どもたちを見たくはありません。彼らの歌が、番組がどれだけ私の関わる子どもたちに、生きる力を与えてくれたか・・・。
ジャニーズ事務所に、必ず答えてほしいことがあります。SMAPの活動に今までいくらのお金を使い、そしていくらのお金をもうけたのか。もう彼らを食い物にせず、自由にしてやってほしい。私はそう考えています。
これを本当は、私が出ているテレビの中で発言できればいいのですが、テレビの世界では、ジャニーズという名前だけで禁句となる。ジャニーズの全ての幹部に言いたい。こんなファシズムをぜひあなた方が、壊してほしいと。SMAPのこどもたちに、謝罪させる資格があなたたちにあるのかどうかを冷静に考えて、今がでも遅くない。彼らに笑顔をあげてほしいと。
水谷から、いのちをかけての、ジャニーズ事務所とテレビ局へのお願いです。

お問い合わせ