公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 今日は午前様です

今日は午前様です

2016年5月20日

今日は、朝は、TBSの「白熱ライブ☆ビビット」に出演。夜は、愛知県丹羽青年会議所主催の講演会。日付が変わって、やっと戻りました。
今日の講演会には何人か十年以上関わってきた子どもたち(すでに大人ですが)が、来てくれました。かつて、「死にたい」のことばを語り続けていた子どもたちが、今や母親、今や教員。私も年取ったものです。「生きていて良かったね」とことばをかけました。
私は、人には、死ぬという選択肢は許されないと考えています。どんなことがあっても。生きたいのに生きることが出来なかった、多くの人たちに対して失礼です。人は、いったん産まれた以上、生き続けるしかないのです。たくさんの哀しみ苦しみを経験しながら。でも、生き続ければ、それ以上の幸せも手に入れながら。
東京都知事舛添さんの件について書きます。
私は、横浜市の高校教員つまり公務員でしたから、その観点から書いていきます。
まずは、千葉のホテルでの宿泊費の問題ですが、もし私が、公的な出張に家族を連れて行けば、それだけで処分されます。知事も公務員。いかに偉い立場でも、会議をするのなら、家族は連れて行かない、あるいは帰すべきです。多分会議はしていないでしょうが。
次に公的なお金で買ったものは、公的な備品です。私が、学校で購入した絵画であれ、天体望遠鏡であれ、それを自宅に持って帰れば、それは、窃盗です。犯罪です。
いいたいことは、たくさんありますが、いずれにしても、舛添さんのしたことは、公務員として、政治家として、許されることではなく、犯罪です。
きちんと、事実を話し、辞職し、自首するべきです。哀しい人です。
一部の報道や都民の声から、都知事選をすれば、50億円のお金がかかる。そんな無駄なお金を使うなら、彼でも我慢しようという声も聞きます。その費用は、彼が、犯した行為のせいです。舛添さんに請求することです。彼には、支払う義務があります。彼が、人として立派な人間なら。
厳しいことを書きましたが、人の上に立つ人間は、そのぐらいきれいに生きなくてはならないと私は考えています。
舛添さんにお願いです。うそは辞めてほしい。きれいに自分のしたことについて、始末をつけてください。

お問い合わせ