公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 今日は、高校での講演でした。

今日は、高校での講演でした。

2012年11月15日

今日は、お煎餅で有名な、埼玉県草加市の高校で講演をしてきました。
かわいいまじめな生徒たちでした。少し、元気をもらいました。
私にとって、講演は、この二十一年の戦いで、亡くした子どもたちが、必死に生きていたことを伝える大切なものです。亡くした子どもたちが、私の講演の中で生き返り、彼らが生きていた事実が、彼らの存在が、私の講演を聞いた人のこころの中に刻み込まれます。亡くした子どもたちにできる、私の償いは、それだけです。亡くした子どもたちを、時がもたらす忘却から守り、彼らが訴えたかったことを、代わりに語る。
でも、これは、私にとっては、とてもつらい営みです。一つの講演が終わると、私のからだはぼろぼろです。彼らのいのちを語るのですから、私も全身全霊で、すべてのちからをこめて語ります。
でも、今、ことばを大切にしない人たちが増えています。他の人のことを考えず、思いつきでことばを投げつける人、ただ人の気をひくために、美辞麗句や派手なことばを語り捨てる人。テレビに出ている人を見ると、どうもこの二つのどれかに思えます。
ことばは、私たち人間にとって、とても扱いにくい、そして不完全な道具です。また、人を傷つけ、人のいのちを奪うこともある、危険な道具です。どうも、これをわかっていない人が多すぎると感じています。
そうだ、一回、音声を消して、テレビを見てください。まじめに作られた映画やドラマは、音声がなくても、十分に私たちのこころに何かを語りかけてきます。でも、他の番組は・・・。これだけで、番組の質や、出ている人の質がわかります。ぜひ、やってみてください。できれば、毎日。いや、これからずっと。

お問い合わせ