公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 私たちの国は、どうなるのでしょう

私たちの国は、どうなるのでしょう

2017年3月24日

大阪の森友学園に関する疑惑で、昨日衆参両議院の予算委員会で、籠池氏に対する証人喚問が行われました。
その中で、真実かどうかはともかくとして、多くのことが彼から語られました。もし、彼の語ったことが真実であれば、大変な疑獄事件となります。それは、国会の場や検察がこれから明らかにしてくれることを望みます。
ただ、許せないことがあります。
それは、首相夫人が、フェイスブックを通して反論を語ったことです。もはや、この問題は、個人的な問題の領域を超えて、国家の問題となっています。そんな重大な問題に対する反論を個人的なフェイスブックで語る。これだけでも、首相夫人、公人としては、許されないことです。反論があるなら、籠池氏の語ったことが虚偽であるならば、法的に訴えるか、あるいは、国会に自ら出て公的に話すべきです。これだけでも、首相夫人としては失格。それを放置する安倍首相も、公私混同で失格です。
ネットを通じて、語ることには、限界が有り、たくさんの問題があります。アメリカのトランプ氏や大阪知事だった橋元氏をみてもよくわかります。本当のことは、きちんと人々の前で直接語るべきものです。
いつ戦争が起きてもおかしくない東アジア情勢の中で、こんな愚かな夫婦に国政を任せていることは哀しいことです。
一刻も早く、夫婦で籠池氏と対峙し、国会の場であれ裁判所であれ、真実を明らかにすることです。ただし、その前に、こんな公的なことに関わることを、個人の感情でフェイスブックに書き込む愚かな妻のしたことに対する責任を取って辞任した上で。
私は、今日は、怒っています。
この国を守るはずの首相夫妻が、この国を危うくしている。哀しいことです。

お問い合わせ