公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 座間市の事件について

座間市の事件について

2017年11月 6日

座間市で、8人の女性と1人の男性が殺されました。女性の多くは、自殺願望をSNSに書き込んでいたと報道されています。
私の所にも数え切れないほどの、「死にたい」、「消えたい」の相談が来ます。しかし、そのほとんど全ては、「死にたい」のではなく、「助けて」の相談です。このこころの隙間、寂しさにつけ込んだ今回の犯行でした。卑劣な犯行です。この容疑者にどんな哀しい過去があったにしても、許すことはできません。
私は、昨夜北海道から戻った足で、そのまま新宿に向かい、歌舞伎町で夜回りをしました。家出少女はいませんでしたが、数多くのキャッチやスカウトの若者たちと話すことができました。やはり、彼らも歌舞伎町にたくさんの家出少女が来ること。その一部が、悪い連中にひっかかり風俗に売られたり暴行されていることをしっていましたし、目にしていました。
一つ気になったことは、居酒屋のキャッチをしている中にたくさんの大学生たちがいたことです。お客を連れて行けば、その客が支払った金額の約1割が彼らに戻されます。居酒屋でも、月30万円以上の収入になります。キャパクラや風俗ならば、100万円近い収入になります。しかし、路上での客引き行為は犯罪であり、警察に逮捕されれば、大学も退学処分になります。このことに気づいていない大学生の多さに愕然としました。また、彼らの得るお金の一部が暴力団にも、みかじめ料として渡っていることには、ほとんどの学生が気付いていませんでした。彼らには、早急に昼の世界に戻るように離しました。
いずれにしても、今こころに哀しみを抱える多くの子どもたち、若者たちが、夜の町やSNSの中に救いを求めています。でも、そこには救いはないのです。それを多くの子どもたちに伝えなくてはなりません。

お問い合わせ