公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 相撲協会にもの申します

相撲協会にもの申します

2017年11月30日

私は、柏戸、大鵬の時代から、相撲が大好きで、今に至るまでずっと応援し続けてきました。相撲取りには、私の友人もたくさんいます。
しかし、次の場所から一切相撲を見ることは止めます。
今回の横綱日馬富士の暴行事件は、すでに刑事事件となっており、日馬富士は、暴行事件の被疑者です。その被疑者が、警察や検察による捜査と処分が決まる前に、引退の意志を表示し、それを協会が認め、きれいな引退というかたちで相撲界を去らせる。これはおかしい。
もし学校や一般社会で、刑事事件の被疑者になった場合、どんなに依願退職を申し出て、退職金をもらって辞めようとしても、司法機関から事実が明らかに成るまでは、辞表は保留。起訴された場合は、即刻懲戒免職。相撲界で言えば退職金を渡されることなく追放です。相撲協会は、何かおかしい。世間の常識が通用しない世界です。
しかも、被害者の貴の岩や貴乃花親方が、何か悪者にされています。守られなくてはならないのは、被害者とその関係者であるはずなのに、相撲協会は、加害者を守る。私には許せません。
しかも、横綱白鳳が、貴乃花親方のもとでは地方巡業には参加しないと言ったという報道があります。もしそうなら、白鳳も、角界を去るべきです。横綱としての知見にかけるおろかな発言です。
こんな相撲は私は二度と見ません。

お問い合わせ