公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 今夜は、だいぶ怒っています

今夜は、だいぶ怒っています

2018年3月20日

私の古くからの友人が、今乳がんと闘っています。放射線治療、抗がん剤と苦しい治療を受けながら、必死に戦っています。彼女は、今、治療のせいで頭髪は抜けてしまいました。
彼女から、電話がありました。
彼女の自動車免許の書き換えの時期が来たそうです。彼女は、警察に行き、治療によって今は頭髪がないため、ウールの帽子をかぶって写真撮影ができないかを問い合わせしたそうです。警察は、問答無用でだめですとの一言。カツラならば治療を受けているという証明ができれば良いとの返答だったそうです。
そんな彼女から相談がありました。カツラは高価です。ガンの治療で頭髪を失った人の中には少なからずカツラを買うことのできない人もいます。カツラなら良くてどうしてウールの帽子はいけないのか。また、なぜ6ヶ月以内に撮影した写真と限定し、治療を受ける前の写真ではだめなのか。50歳も近くなれば、顔はそんなに変わらないのに。しかも、厚化粧で、化粧を落としたらだれかもわからない人たちは、すっぴんではなくその時の厚化粧の写真で良いのにと。
私は、すぐに警察庁に問い合わせしました。答えは、ただひとつ。道路交通法の規定ですから。哀しい答えでした。
明日から知人の政治家たちに相談して動こうと思います。
これはおかしい。
たかが、ウールの帽子ひとつかぶっても本人確認はできます。厚化粧の方が確認できない。お役所の仕事です。
治療のために失った頭髪を隠すためのウールの帽子がいけないのなら、自らの顔を変える厚化粧も禁止にすべきでしょう。それ以前に、治療前の写真の使用を認めることが優しさでしょう。
今夜はだいぶ怒っています。
明日のテレビでも暴れそうです。

お問い合わせ