公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > 悩んでいます

悩んでいます

2018年7月22日

国や自治体、また被災地の仲間たちから、できる限りのボランティアを、被災地に送ってほしいと要請を受け、このところずっと動いています。
すでに、被災地で必死に活動している教え子や仲間たちもたくさんいます。
私も、この週末被災地に行きましたが、今、この暑さの中で若い人たちを、被災地に送り込むことが正しいのか悩んでいます。
救助や復興は急がなくてはなりません。でも、それは、専門家たちの仕事です。私の教え子たちや仲間たちは、その専門家ではありません。ただ、復興のお手伝いをできるだけです。学校や家の中のどろを掻き出し、なんとか元の状態に戻す、あるいは、被災した家具や電化製品の整理が、できることのすべてです。
この殺人的な暑さの中で、急いで多くの学生たちや仲間たちを被災地に送り込むことは正しいのでしょうか。
急がなくても、もっと天候が働くことのしやすい状況になってからでもいいのではないでしょうか。それを、今悩んでいます。
もし、一人でも学生や仲間たちが倒れたら償うことはできません。
明日には、みんなを撤退させるかどうか決めます。

お問い合わせ