公式HP ブログトップ プロフィール 講演会申込み 著作 お問い合わせ

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)日記 > ついに、「約束」の配本が始まりました

ついに、「約束」の配本が始まりました

2015年6月18日

約束私の新しい本、「約束」日本評論社の配本が始まりました。来週初めまでには、日本中のほとんどの書店の店頭に並びます。この本の、おわりにの部分をここに書きます。


おわりに

 2002年10月15日、 亜衣は旅立ちました。

 この本を出版することが、一人の少女の哀しい死を書き遺すことが、望ましいことなのかどうか、私にはわかりません。
 いや、わかっています。
 本当は、亜衣は、亜衣とともに生きた人たちのこころの中で生き続け、かかわったすべての人たちの死とともに、忘却の海の中に溶け去るべきだと。そして、それが人の宿命なんだとも思っています。

 でも、私は書かなくてはなりませんでした。
 亜衣という一人の少女が懸命に生きた、勇気を持って病と闘ったという証を、たくさんの子どもたちに伝えるためです。
 お願いです。亜衣のことを他人事と思わないでください。
 この本を読みつないでくれる人たちのこころの中で、亜衣という少女が生き続けてくれることを願っています。


2015年6月                        水谷 修

亜衣が亡くなってから、長い年月が流れました。その間数え切れない講演で、亜衣のことを、亜衣との約束通り話し続けてきました。たくさんの人たち、子どもたちが、たくさんの涙を亜衣に贈ってくれました。

多くの人が、最後まで必死に生きた亜衣のことを、こころに刻んでくれることを、こころから願っています。

「亜衣、先生、君との約束を、やっとすべて守りましたよ」

お問い合わせ